2011年5月31日火曜日

WMOを改造!~mg単位で軽量化~

今回はそのままで十分軽いWMOの改造(軽量化)に、果敢に挑んだバカな銀行員の話です。

今日の昼ゴハンの時、突然電撃のように僕の頭にWMOを軽量化しよう!という
考えが浮かびました。午後からはぶっちゃけコレの構想で仕事あんまりしてません

まず工具が必要だと思い、職場からほど近い無線屋(電気関係のモノが何でもおいてある)に突撃。店員にミニ四駆の軽量化をやりたいから必要な工具を揃えろとお願いし、穴空け用のドリルとヤスリとオートセンタポンチ(穴空け位置を決める為ちょっと凹ます道具)を購入
合計4,500円くらいでした。
さらに素材となるWMOも購入。1,7
00円くらいでしたので合計6,200円がこの企画に掛かっています。失敗するわけには行かない。素材を揃えた後ダッシュで帰宅しました。

帰宅するなり即作業に移ります。まずはある程度削っても大丈夫そうな下面のパーツからガンガン肉抜きしていきました。
ちなみに3mmのドリルで開けてます。センタポンチは使わなくても余裕でした。1,700円無駄にした…

ガッツリ肉抜きされてしまったシャーシ











この時点でちょっとやりすぎたかな…と思いましたが、どうせ安いマウス。ブッ壊れても大して懐は痛みません。
さらに上面及びクリック部分に移ります。ここは応力が掛かることもありそうなので、若干控えめに抜き、チョイチョイと全体的にヤスリ掛けをして組み上げました。

←組み上げて真上からのショット











←斜め前方からのショット











←斜め後方からのショット












正直こんなにグロくなるとは思わなかった…身内からは蓮コラレベルだと怒られた。以下使用感

●使ってみたらかなり軽くなっていてとても振り回しやすい!さすがにこんだけ穴空ければそりゃ軽くなるわなって感じですが…
●強く握ったりしてもキシみ等は無く、剛性感は十分。というか元の状態と変化を感じない。
●ガッツリ握りこむ人は穴が当たって不快かも知れない(試しにやってみたけど得に不快感は無い。人間の掌は小さな穴一個一個を感じ取れる程敏感じゃないみたい。だけどコレは個人差があると思う)けど、僕は両サイドとクリック部分以外基本触れない持ち方なので無問題。サイドも穴開いてるけど滑り止め貼ってるしね。

ちなみに周囲からはボッコリ大穴あけて、そこにメッシュ貼ればいいじゃんって意見が結構あったのだけど、開けてみれば分かることだけど内側にはクリック部分保持の為のブリッジが至る所からドンと突き出してるので無理なのです。

お尻についている赤い光るクリアパーツは外せるので、軽量化を徹底するなら外すべきですが、チャームポイントなので敢えて残しました。今回は暫定的に今の仕様で使ってみて、もっと削れそうなら削る予定なので、その時は外しちゃうかも。
今回は小学生の時のミニ四駆のノリで思いつきでやっちゃいました。反省はしていますが後悔はしていない。ではまた。

2 件のコメント:

GatiMutiOnisan さんのコメント...

まじでキチガイじみてるからやめろ

futabatei さんのコメント...

>>GatiMuti豚さん
見た目はキチガイじみてるが異常に使いやすくなってしまったから困る。
もうデフォの状態のWMOが重くて使えない体になってしまったお